京の歳時記

「京都八百八寺」といわれ、京都には2000を越える神社仏閣があるといわれ、ほぼ毎日のように、京都の町のどこかでお祭りがあります。
京都に訪れる日の行事・お祭などの予定を検索することができます。

年度・主催者の都合等により、内容・期間等が変更される可能性がございます。

7月のカレンダー

<<
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
>>

7月の祭事・行事

【鴨川納涼床】 鴨涯保勝会

京の夏の宵を彩(いろどる)納涼床は二条通りから五条通り迄の鴨川西岸に張り出されます。納涼床は料理屋を中心に約70軒あまりが床を並べます。5月1日から9月30日まで続けられます。 http://www.kyoto-yuka.com/
お問い合わせは075-343-6655まで

【期 間】 5月1日~9月30日 【連絡先】 075-343-6655
【関連サイト・詳細】

【祇園祭】 八坂神社

日本三大祭の一つ、京都祇園祭は、およそ、1100年前疫病の退散祈願をしたのがはじまりとされ、歴史や規模などはわが国最大の祭として有名です。7月1日の吉符入りから始まり、2日のくじ取り式、稚児舞披露(日程未定)、鉾立て(日程未定)、16日の宵山そして17日の巡行、24日の花笠巡行、31日の疫神社夏越祭と1ヶ月間、京都の町は祇園祭一色に包まれます。
1日から31日までの祇園祭日程や、巡行順、山鉾の解説など、詳しくはお祭案内でどうぞ。 http://www.yasaka-jinja.or.jp/
お問い合わせは075-752-0227(京都市観光協会)まで

【期 間】 7/1~31日 【連絡先】 075-561-6155
【関連サイト・詳細】

【御戸代会神事】 上賀茂神社

田植が終了し、虫害を未然に防ぐための虫害駆除祈願の上賀茂神社の祭です。
神事は午前10時から始まり、賀茂御戸代会能(かもみとしろえのう)が午後1時より行なわれます。 http://www.kamigamojinja.jp//
お問い合わせは075-781-0011まで

【期 間】 7月1日 【連絡先】 075-781-0011
【関連サイト・詳細】

【嵐山の鵜飼い】 嵐山

大堰川(おおいがわ)に船をうかべ、かがり火の中、嵐山の夜景と鵜飼いを楽しみ、船上で納涼のひと時を過ごします。
嵐山の夏の風物詩で9月15日まで開催されています。
お問い合わせは075-861-0302嵐山通船まで

【期 間】 7月1日から9月15日 【連絡先】 075-861-0302
【関連サイト・詳細】

【貴船の水祭り】 貴船神社

貴船神社は、水神であるタカオ神が祀られており、「貴船の水祭り」は水の恩恵に感謝して行われる行事です。
献茶は午前10時、舞楽は午前10時40分、式包丁は11時頃から行なわれます。
※7日が日曜日の場合は8日に行われます.ご注意ください。 http://kifunejinja.jp/index.html/
お問い合わせは075-741-2016まで

【期 間】 7月7日 【連絡先】 075-741-2016
【関連サイト・詳細】

【精大明神例祭】 白峰神宮

白峰神宮ではこの日精大明神例祭がおこなわれます。小町踊りは、元禄時代のきらびやかな姿をした少女達が境内にて踊り、蹴鞠もおこなわれます。

【期 間】 7月7日 【連絡先】 075-441-3810
【関連サイト・詳細】

【御手洗祭七夕祭】 北野天満宮

北野天満宮の祭神に七夕の詩を詠ずること、春から夏への節目に無病息災を祈願します。また、菅原道真公の遺徳(いとく)を偲び学芸上達を祈願する祭りです。
御手洗祭は午前10時から、七夕祭は午後1時30分から行なわれます。 http://www.kitanotenmangu.or.jp/
お問い合わせは075-461-0005まで

【期 間】 7月7日 【連絡先】 075-461-0005
【関連サイト・詳細】

【陶器供養・市】 千本釈迦堂

日常生活に深いつながりをもつ陶器に感謝し、陶器業界の発展を祈願します。
千本釈迦堂での法要は10日の午後2時から、陶器市は午前10時頃から午後8時まで、12日まで開催されます。
お問い合わせは075-461-5973まで

【期 間】 7月9日から7月12日 【連絡先】 075-461-5973
【関連サイト・詳細】

【宵々山】 八坂神社

祇園祭、宵々山のこの日、八坂神社では、宵宮祭として伝統芸能が奉納され、後、境内の明かりを一斉に消し、拝殿に安置された3基の神輿に神霊を移す神事が執り行われます。また、山鉾が立ち並ぶ四条通は歩行者天国になり、山鉾を見物する多くの人出で賑わいを見せます。 16"

【期 間】 7月15日 【連絡先】 075-561-6155
【関連サイト・詳細】 7月16日

【祇園祭山鉾巡行】 八坂神社

豪華な懸装品で飾られた32基の山鉾が祇園囃子を奏でながら都大路を巡行します。山や鉾は、くじ取り式で決まった巡航の順番が守られているか、くじを確認する「くじ改め」を行った後、四条麩屋町に張られた注連縄を、長刀鉾の稚児が太刀で切り落として山鉾の巡行がはじまります。  17"

【期 間】 7月17日 【連絡先】 075-561-6155
【関連サイト・詳細】 7月17日

【本宮祭(もとみやさい)】 伏見稲荷大社

全国の崇敬者が本宮の稲荷大社に参拝し、日頃の神の恵に感謝し、社業発展と家業繁栄を祈願します。
宵宮祭は、午後6時から、本宮祭は午前9時からです。 http://inari.jp/
お問い合わせは075-641-7331まで

【期 間】 7月19日・7月20日 【連絡先】 075-641-7331
【関連サイト・詳細】

【御田祭(おんでんさい)】 松尾大社

松尾大社この祭典は、今から600年くらい前より、虫除けと五穀豊穣を祈る祭事として行なわれています。
祭典は午前10時からです。
※毎年7月の第3日曜日の開催です。ご注意ください。 
お問い合わせは075-871-5016まで

【期 間】 7月16日 【連絡先】 075-871-5016
【関連サイト・詳細】

【きゅうり封じ】 五智山蓮華寺

土用の丑の日、五智山蓮華寺では、病気の根をきゅうりに持ち去ってもらう弘法大師の教えに由来するきゅうり封じが執り行われます。参拝者はきゅうりに名前、数え年齢、病名(お願い事)などを記し、御祈祷してもらった後に持ち帰り、3日間朝晩、からだの具合の悪い部分などをそのきゅうりで撫でて、治癒を願います。
24日は正午から午後8時、25日は午前6時から午後6時です。
※毎年土用の丑の日の開催です。ご注意ください。
お問い合わせは075-462-5300まで

【期 間】 7月24日・25日 【連絡先】 075-462-5300
【関連サイト・詳細】

【例祭お涼み】 城南宮

城南宮の「お涼み」は、土用入の宵のひと時を、夕涼みを兼ねて、宮詣をする風習から生まれたもので、疫病退散の祈願をします。
お涼みは6時から8時30分まで、祭典は午前9時から行なわれます。 http://www.jonangu.com/
お問い合わせは075-623-0846まで

【期 間】 7月20日 【連絡先】 075-623-0846
【関連サイト・詳細】

【下鴨神社御手洗祭】 下鴨神社

土用の丑の日、下鴨神社では、足つけ神事が行われます。参拝者達が、ろうそくを持ってひざ下まで御手洗の池に浸りながら歩き、社(やしろ)に献灯して無病息災を祈願します。
午前5時半から午後10時までです。
※毎年7月の土用の丑前後5日間開催されます。ご注意ください。 http://www.shimogamo-jinja.or.jp/saijik.html
お問い合わせは075-781-0010まで

【期 間】 7月23日から7月31日 【連絡先】 075-781-0010
【関連サイト・詳細】

【木島神社御手洗祭】 木島神社

木島神社では、本殿西にある明神鳥居を3つ組み合わせた珍しい鳥居下から湧き出る清水(しみず)に足をつけ無病息災をお祈りする「御手洗祭」がおこなわれます。
※毎年土用の丑の日の開催です。ご注意ください。
お問い合わせは075-861-2074まで

【期 間】 7月25日 【連絡先】 075-861-2074
【関連サイト・詳細】

【辨天祭】 長建寺

長建寺ではこの日、御本尊の八臂弁財天が開扉されます。
※毎年7月の第4土・日曜に開催されます。ご注意ください。

【期 間】 7月23日 【連絡先】 075-611-1039
【関連サイト・詳細】

【祇園祭花笠巡行 】 八坂神社

古い鉾の形態を再現するために始められた行事で、10基あまりの花傘に、獅子舞・鷺舞・馬長・児武者など総勢1000名もの大行列が市役所前から出発。午後5時からは、3基の神輿が町内を巡行しながら、祭典の後、神輿に灯を入れ、再び練り歩きながら、午後9~10時の間に八坂神社に帰還する還幸祭です。 http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/
お問い合わせは075-752-0227(京都市観光協会)まで

【期 間】 7月24日 【連絡先】 075-561-6155
【関連サイト・詳細】

【カボチャ供養】 安楽寺

安楽寺では、夏の土用にカボチャを供養し、その後中風除けに参詣者にふるまう行事を行います。これが今日に伝承されているのが「カボチャ供養祭」です。
お問い合わせは075-774-5360まで

【期 間】 7月25日 【連絡先】 075-774-5360
【関連サイト・詳細】

【虫払会】 真如堂

真如堂の宝堂に納められている寺宝を本堂で虫干しする行事です。「真如堂縁起絵巻」3巻をはじめ涅槃図慈眼大師関係(ねはんずじがんたいしかんけい)の寺宝200点が公開されます。
午前9時から午後3時30分まで。
お問い合わせは075-771-0915まで

【期 間】 7月25日 【連絡先】 075-771-0915
【関連サイト・詳細】

【茅の輪の神事】 御香宮

御香宮の茅の輪の神事(ちのわしんじ)は、備後国風土記(びんごのくにふうどき)の故事にちなんだ神事で、御香宮(ごこうのみや)の本殿と拝殿の中間に直径約3mの茅の輪をかけ、本殿で祭典を行ったのち、神職がまず茅の輪をくぐり、つづいて参拝者が茅萱(ちがや)を抜きとります。その茅萱を家に持ち帰り、輪にして門口につるしておくと疫病にかからないと言い伝えられています。
神事は午後3時と午後11時です。 http://www.kyoto.zaq.ne.jp/gokounomiya/
お問い合わせは075-611-0559まで

【期 間】 7月31日 【連絡先】 075-611-0559
【関連サイト・詳細】

【千日詣】 愛宕神社

愛宕山の山頂近くにある愛宕神社にこの日参拝すると千日分の巧徳(こうとく)があるといわれています。
山伏による護摩焚き神事などが31日午後9時から 火伏神事(ひぶししんじ)、神楽などが8月1日翌朝2時までおこなわれます。 
お問い合わせは075-861-0658まで

【期 間】 7月31日 【連絡先】 075-861-0658
【関連サイト・詳細】

【夏越祭】 八坂神社

午前10時から八坂神社境内の疫神社で、祇園祭の関係者や参拝者たちが鳥居に掛けられた直径2.5メートルの茅の輪をくぐり無病息災を祈願し、1ヶ月間に渡って執り行われてきた祇園祭の諸行事の全てが終わりを告げます。
お問い合わせは075-561-6155

【期 間】 7月31日 【連絡先】 075-561-6155
【関連サイト・詳細】

      
      
※祭事・行事・イベントの掲載希望を受け付けております。お気軽にご相談ください。
※但し、営利目的の私的なイベント等は掲載をお断りしております。予めご了承ください。

タウンナビ京都 トップ

サイトの利用条件プライバシーポリシー免責事項リンクについて

制作・運営 株式会社アド・コム 【http://www.ad-com.co.jp

Copyright (C) 2013 AD-COM co.,ltd. All Rights Reserved. 『タウンナビ京都』は登録商標です。