京の歳時記

「京都八百八寺」といわれ、京都には2000を越える神社仏閣があるといわれ、ほぼ毎日のように、京都の町のどこかでお祭りがあります。
京都に訪れる日の行事・お祭などの予定を検索することができます。

年度・主催者の都合等により、内容・期間等が変更される可能性がございます。

6月のカレンダー

<<
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
>>

6月の祭事・行事

【貴船まつり】 貴船神社

正式には貴船神社例祭、ご更衣祭といい、参詣者が昔、いたどりつみ競争を行なっていたことから「いたどり祭」とも呼ばれています。
乙女の舞やお神輿巡行もあります。
http://kifunejinja.jp
お問い合わせは075-741-2016まで

【期 間】 6月1日 【連絡先】 075-741-2016
【関連サイト・詳細】

【雷よけ大祭】 北野天満宮

北野天満宮の火之御子社例祭(ひのみこ、しゃれいさい)の祭典は午前4時に斎行され、まず火之御子社(ひのみこやしろ)の古式にもとづき「火打ち石」にて浄火を点じた後、神前にお供えされた雷除けのお守・お札をお祓(はらい)して雷除けの祈祷が斎行されます。
祭典後、雷除けのお守・お札は開門、午前5時と同時に、早朝より列を作って待っている多数の参拝者に授与されます。
http://www.kitanotenmangu.or.jp
お問い合わせは075-461-0005まで

【期 間】 6月1日 【連絡先】 075-461-0005
【関連サイト・詳細】

【京都薪能】 平安神宮

平安神宮の本殿前では、かがり火が焚かれ、観世(かんぜ)、金剛(こんごう)、大蔵(おおくら)、各流派のすぐれた演者が集結し演能会が行なわれます。
1日、2日とも午後5時30分の開演で、夕闇の薪の明かりと古典芸能が、見る人を幽玄の世界へといざないます。
前売り券4000円、当日券5000円
お問い合わせは075-771-6114まで

【期 間】 6月1日・6月2日 【連絡先】 075-761-0221
【関連サイト・詳細】

【鴨川納涼床】 京都鴨川納涼床協同組合

京の夏の宵を彩(いろどる)納涼床は二条通りから五条通り迄の鴨川西岸に張り出されます。納涼床は料理屋を中心に約70軒あまりが床を並べます。5月1日から9月30日まで続けられます。
お問い合わせは075-343-6655まで

【期 間】 5月1日~9月30日 【連絡先】 075-343-6655
【関連サイト・詳細】

【歯痛封じぬりこべ地蔵】 ぬりこべ地蔵尊

ぬりこべ地蔵尊は病気を塗り込めます。とりわけ歯痛に効き目があります。「ぬりこべ地蔵さん」は歯痛が治りますようにと祈願したハガキを出すだけでも願いを聞いてくださるそうです。
6月4日には「歯痛封じ法要」が行われます。伏見稲荷境内を南へ行った所です。
なお、歯痛信仰に関する地蔵さんは、京都だけでも20近くあります

【期 間】 6月4日 【連絡先】
【関連サイト・詳細】

【神苑無料公開】 平安神宮

平安神宮の御祭神がこよなく愛されていた菖蒲の株が繁殖し、今日に至ったという言い伝えがあります。
約200種2000株の花菖蒲が満開となるこの時期に神苑の無料公開は行われます。
午前8時30分から午後4時30分まで無料で拝観できます。
※無料公開日は、花の状況によって毎年かわります。事前に平安神宮までお問い合わせください。
http://www.heianjingu.or.jp
お問い合わせは075-761-0221まで

【期 間】 6月3日 【連絡先】 075-761-0221
【関連サイト・詳細】

【田植祭】 伏見稲荷

伏見稲荷さんの境内にある苗代で育った早苗を神田に田植えする御田植の神事で、年の豊作をいのります。
本殿祭は午後1時から、田植神事は午後2時頃からです。
お問い合わせは075-641-7331まで

【期 間】 6月10日 【連絡先】 075-641-7331
【関連サイト・詳細】

【嵐山若鮎祭】 嵐山中ノ島公園一帯

保津川の鮎の解禁にちなみ、若鮎の試食会が、嵐山保勝会によって嵐山中ノ島公園一帯で開催されます。当日は、若鮎の塩焼きとビール無料で振舞われます。参加希望者は、嵐山保勝会へ事前に申し込んでください。
※開催日は毎年第2木曜日で、開催日は年毎にかわります。ご注意ください
お問合せ075-861-0012

【期 間】 6月8日 【連絡先】 075-861-0012
【関連サイト・詳細】

【妙心寺・妙心寺等塔頭の東林院】 沙羅の花を愛でる会

妙心寺等塔頭の東林院は、「沙羅双樹の寺」と呼ばれています。方丈前庭には樹齢300年のみごとな古木があり、梅雨の季節、沙羅の白い花を愛でながら、お抹茶や精進料理が召し上がれます。
6月30日まで開催されています。
お問合せ075-463-1334東林院まで

【期 間】 6月15日から6月30日まで 【連絡先】 075-463-1334
【関連サイト・詳細】

【八坂の例祭】 八坂神社

東遊(とうゆう)は平安時代から行われている歌舞(うたまい)でしたが、宮廷に取り入れられ、八坂神社の祭礼に奉じられています。
例祭は午前10時から行なわれます。
http://www.yasaka-jinja.or.jp/
お問い合わせは075-561-6155まで。

【期 間】 6月15日 【連絡先】 075-561-6155
【関連サイト・詳細】

【青葉まつり】 智積院

弘法(こうぼう)、興教両大師(こうきょうりょうたいし)のご生誕を祝う行事です。
智積院での法要は午前10時から行なわれます。
桃山時代の庭園、障壁画収蔵庫の無料公開が午前9時から午後4時まであります。
http://www.chisan.or.jp/
お問い合わせは075-541-5361まで

【期 間】 6月15日 【連絡先】 075-541-5361
【関連サイト・詳細】

【あじさい祭】 藤森神社

藤森神社境内には約1500坪の紫陽花苑に約3500株の紫陽花が花をさかせます。
午前10時から献花、神楽奉納が行なわれます。
紫陽花は6月初旬から7月初旬までが見頃です。
お問い合わせは075-641-1045まで

【期 間】 6月15日 【連絡先】 075-641-1045
【関連サイト・詳細】

【竹伐り会式】 鞍馬寺

鞍馬寺の竹伐り会式は、夏を告げる伝統行事で、9世紀末、峯延上人(ほうえんしょうにん)が修行中、現われた大蛇を仏法の力で倒したという故事により、大蛇を青竹になぞらえて行なわれる行事です。
午後2時から行なわれます。
お問い合わせは075-741-2003まで

【期 間】 6月20日 【連絡先】 075-741-2003
【関連サイト・詳細】

【御誕辰祭天神祭】 北野天満宮

6月の御誕辰祭天神祭は、北野天満宮の祭神、菅原道真公の誕生日にあたり本殿で生誕を祝う神事が行なわれます。「天神さんの」で市の立つ日でもあり、周辺は露店を廻る人々で賑わいます。
お問い合わせは075-461-0005まで

【期 間】 6月25日 【連絡先】 075-461-0005
【関連サイト・詳細】

【夏越祓】 各神社

【期 間】 6月30日 【連絡先】 京都市内のあちらこちらの神社では、大きな芽(ち)の輪を安置し、参詣者もこれをくぐり半年間の罪の汚れを祓(はら)い残り半年を無事おくれるように神に祈る「夏越祓」(なごしのはらえ)が行われます。
開催される神社は、30日、建勲(けんくん)神社・地主神社・城南宮・白峰神社・貴船神社・車折(くるまざき)神社・吉田神社・野宮(ののみや)神社、大原野神社他です。
【関連サイト・詳細】

      
      
※祭事・行事・イベントの掲載希望を受け付けております。お気軽にご相談ください。
※但し、営利目的の私的なイベント等は掲載をお断りしております。予めご了承ください。

タウンナビ京都 トップ

サイトの利用条件プライバシーポリシー免責事項リンクについて

制作・運営 株式会社アド・コム 【http://www.ad-com.co.jp

Copyright (C) 2013 AD-COM co.,ltd. All Rights Reserved. 『タウンナビ京都』は登録商標です。