京の歳時記

「京都八百八寺」といわれ、京都には2000を越える神社仏閣があるといわれ、ほぼ毎日のように、京都の町のどこかでお祭りがあります。
京都に訪れる日の行事・お祭などの予定を検索することができます。

年度・主催者の都合等により、内容・期間等が変更される可能性がございます。

12月のカレンダー

<<
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
>>

12月の祭事・行事

【北野天満宮献茶祭】 北野天満宮

豊臣秀吉公が天正(てんしょう)15年(1587年)10月1日北野松原にて催した「北野大茶湯」(きたのだいちょのゆ)のゆかりにより行なわれます。献茶は京都の茶道家元の千家(せんけ)と六宗匠(ろくそうしょう)が輪番で努めます。
祭典は午前10時頃から、拝福茶券は5000円です。
お問い合わせは075-461-0005まで

【期 間】 12月1日 【連絡先】 075-461-0005
【関連サイト・詳細】 http://www.kitanotenmangu.or.jp/

【三寳寺大根焚】 三寳寺

開運厄除・招福、特に安産の祈願所として知られている右京区鳴滝の三宝寺では、12月の第一土・日曜日のこの日に、日蓮聖人がたいへんゆずを好んだことに因み、ゆず御飯と中風封の大根だきの接待が行なわれます。
大根焚きは700円、ゆずご飯は800円です。
※開催日は、毎年変更になりますのでご注意ください。
お問い合わせは075-462-6540まで

【期 間】 12月2日3日 【連絡先】 075-462-6540
【関連サイト・詳細】 http://www.sanbouji-kyoto.or.jp/

【しまい大国祭】 地主神社

地主神社で毎月行われている大国祭の年内最後の祭典です。この1年間の無病息災を感謝すると同時に、良縁祈願も合わせて行われます。この日から来年のエト絵馬授与がはじまります。祭典は午後2時から。
 ※開催日は毎年第1日曜日です。日にちは変更になりますのでご注意ください。
お問い合わせは075-541-2097まで

【期 間】 12月3日 【連絡先】 075-541-2097
【関連サイト・詳細】 http://www.jishujinja.or.jp/

【成道会法要と大根だき 】 千本釈迦堂

釈尊(しゃくそん)が悟りをひらいた日を記念した祭事です。大根だきの供養をうけると、中風の厄除けになるといわれています。
お問い合わせは075-461-5973まで

【期 間】 12月7日・12月8日 【連絡先】 075-461-5973
【関連サイト・詳細】

【法輪寺針供養】 法輪寺

“虚空蔵(こくぞう)さん”で名高い法輪寺は、手芸、芸能上達の守護神とされています。全国から寄せられた廃針(はいしん)の法要を営み、読経後、古式装束の織姫(おりひめ)が舞い、技芸上達の福札をまきます。
お問い合わせは075-861-0069まで

【期 間】 12月8日 【連絡先】 075-861-0069
【関連サイト・詳細】

【針神社針供養】 針神社

岩倉の針神社では、神前のコンニャクに、折れた針、使い古した針をさして供養します。祭神は針にゆかりのある金比古命(かねひこのみこと)です。江戸時代の風習によるものですが、着物の町京都ならではの行事です。古針、折針奉納は午前11時から行なわれます。
お問い合わせは075-791-3576まで

【期 間】 12月8日 【連絡先】 075-791-3576
【関連サイト・詳細】

【鳴滝の大根焚】 了徳寺

1253年、親鷽聖人(しんらんしょうにん)に里人が大根を煮て捧げたという了徳寺の寺伝により開催されています。これを食すと中風除けになるといわれています。
大根だきは9日と10日の午前9時から午後4時まで行なわれます。
お問い合わせは電話075-463-0714まで

【期 間】 12月9日・12月10日 【連絡先】 075-463-0714
【関連サイト・詳細】 http://www.ryoutokuji.or.jp/

【終い金比羅】 安井金比羅宮

安井金比羅宮の本殿で金比羅稲宝来(こんぴらいねほうらい)の神事のあと、来年の1月10日まで招福の稲宝来(いねほうらい)が売り出されます。
祭典は午前10時から行なわれます。
お問い合わせは075-561-5127まで

【期 間】 12月10日 【連絡先】 075-561-5127
【関連サイト・詳細】 http://www.yasui-konpiragu.or.jp/

【かくれ念仏】 六波羅蜜寺

六波羅蜜寺のかくれ念仏は、天暦5年(951年)空也上人が疫病救済のためにはじめた念仏踊りです。
六波羅蜜寺では12月の13日から31日まで毎日、夕方の4時頃から約30分間行われています。
お問い合わせは電話075-561-6980まで

【期 間】 12月13日から除夜 【連絡先】 075-561-6980
【関連サイト・詳細】 http://www.rokuhara.or.jp/

【京都嵐山花灯路2017】 渡月橋・嵐山一帯

渡月橋・嵐山一帯で行われます。点灯時間は夜5時から8時30分。二尊院・落柿舎・常寂光寺・野宮神社・大河内山荘・天龍寺・小倉百人一首殿堂 時雨殿・法輪寺等でのライトアップも特別拝観とともに行われます。
お問合せは、京都花灯路推進協議会:hanatouro@kyo.or.jp

【期 間】 12月8日から12月17日 【連絡先】
【関連サイト・詳細】 http://www.hanatouro.jp/arashiyama/

【本妙寺義士会法要】 本妙寺

東山仁王門の北側、本妙寺境内には、赤穂浪士吉田忠左衛門、吉田沢右衛門、貝塚弥左衛門の妻おさんの4人を祀った墓があり、赤穂浪士の四十七士が本懐を遂げた12月14日に営まれる法要が「義士会法要」です。
お問い合わせは075-771-2244

【期 間】 12月14日 【連絡先】 075-771-2244
【関連サイト・詳細】

【法住寺義士会法要】 法住寺

山科に閑居(かんきょ)して時節の到来を待った赤穂浪士大石蔵之助・良雄は、この寺の身代り不動尊に仇討成就(あだうたちじょうじゅ)の祈願を行ったことは有名です。本堂内に四十七士の木像が安置されており、四十七士が主君のあだ討ちを果たした12月14日、義士会法要が営まれます。
お問い合わせは075-561-4137まで

【期 間】 12月14日 【連絡先】 075-561-4137
【関連サイト・詳細】

【義士まつり 】 毘沙門堂・岩屋寺・大石神社など

討ち入りのこの日、義士をしのんで、山科区民が四十七士にして、毘沙門堂~旧三条通~東部文化会館~岩屋寺~大石神社までを行列をします。
メイン会場は東部文化会館
お問い合わせは075-592-3088 山科義士祭実行委員会まで

【期 間】 12月14日 【連絡先】 075-592-3088
【関連サイト・詳細】 http://www.gishimatsuri.com/

【終い弘法】 東寺

東寺で行われる、弘法大師の月命日の21日に毎月開催される弘法さんですが、年の最後の「終い弘法」はひときわの賑わいをみせます。
お問い合わせは075-691-3325

【期 間】 12月21日 【連絡先】 075-691-3325
【関連サイト・詳細】 http://www.toji.or.jp/

【かぼちゃ供養】 不思議不動院

不思議不動院さんでは、毎年冬至の日に、中風除けの行事としてカボチャ供養が行われています。参拝者に大釜でたいたかぼちゃが振舞われ、無病息災の祈願が行われます。
午前10時から午後2時まで。
※毎年冬至の日に開催されます。ご注意ください。
お問い合わせは075-462-6628まで

【期 間】 12月21日 【連絡先】 075-462-6628
【関連サイト・詳細】

【終い天神】 北野天満宮

北野天満宮の境内には早朝から数多くの露店が並び正月の門松や、しめ縄なども売られます。京都の町では21日の「終い弘法さん」と同様、天神さんはお正月の準備をする町衆で賑わいます。
お問い合わせは075-461-0005まで

【期 間】 12月25日 【連絡先】 075-461-0005
【関連サイト・詳細】 http://www.kitanotenmangu.or.jp/

【知恩院の御身拭式】 知恩院

古式により法然上人の木像を清め、お身ぬぐいをして、衆生(しゅうせい)の罪障消滅(ざいしょうしょうめつ)を祈願します。
午後1時から行なわれます。
お問い合わせは075-531-2111まで

【期 間】 12月25日 【連絡先】 075-531-2111
【関連サイト・詳細】 http://www.chion-in.or.jp/

【鑚火式】 八坂神社

31日夜のをけら詣りの火種を起こす神事です。ヒノキの杵と臼をすり合わせて火を起こし、神前に供えておいて、大晦日の夜、境内3ヶ所のおけら灯篭に移します。京の町衆は、この火種「をけら火」を吉兆縄に移して持ち帰り、お正月のお雑煮を焚き、一年の健康を祈願します。
お問い合わせは075-561-6155まで

【期 間】 12月28日 【連絡先】 075-561-6155
【関連サイト・詳細】 http://www.yasaka-jinja.or.jp/

【除夜の鐘】 知恩院ほか

人間の108の煩悩(ぼんのう)を消滅(しょうめつ)し、光明(こうみょう)の新年を迎えるものです。
夜12時前から午前0時にかけて一斉に108の除夜の鐘をつきます。
京都のお寺さんでは鐘を突かしてもらえるお寺もあります。

【期 間】 12月31日 【連絡先】
【関連サイト・詳細】

【をけらまいり】 八坂神社

八坂神社のをけらまいりは、招福除災(しょうふくじょさい)を願って、参詣の人々がをけら火を吉兆縄(きっちょうなわ)に移して持ち帰ります。それを、神前の灯明(とうみょう)につけ、雑煮(ぞうに)をたく火種とし、1年の無病息災を願います。
をけら火授与は午後7時30分頃からです。
お問い合わせは075-561-6155まで

【期 間】 12月31日 【連絡先】 075-561-6155
【関連サイト・詳細】 http://www.yasaka-jinja.or.jp/

      
      
※祭事・行事・イベントの掲載希望を受け付けております。お気軽にご相談ください。
※但し、営利目的の私的なイベント等は掲載をお断りしております。予めご了承ください。

タウンナビ京都 トップ

サイトの利用条件プライバシーポリシー免責事項リンクについて

制作・運営 株式会社アド・コム 【http://www.ad-com.co.jp

Copyright (C) 2013 AD-COM co.,ltd. All Rights Reserved. 『タウンナビ京都』は登録商標です。