京の歳時記

「京都八百八寺」といわれ、京都には2000を越える神社仏閣があるといわれ、ほぼ毎日のように、京都の町のどこかでお祭りがあります。
京都に訪れる日の行事・お祭などの予定を検索することができます。

年度・主催者の都合等により、内容・期間等が変更される可能性がございます。

10月のカレンダー

<<
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
>>

10月の祭事・行事

【10月1日から10月5日迄】 瑞饋祭

075-461-0005

【期 間】 10月7日から12月11日迄”,”二条城まつり”,午前9時から午後4時45分(入館受付午後4時30分まで) 1*5" 【連絡先】 北野天満宮
【関連サイト・詳細】 北野天神の氏子が作っていた豆、穀物、果実などに草花を飾ってお供えし、五穀豊穣を祈願したことが始まりと言われています。ずいきまつりにかつぐずいき神輿(みこし)は、神輿(みこし)の各部全てが野菜や乾物類で精巧(せいこう)に造られています。
1日の神幸祭(しんこうさい)は午前9時30分から行なわれます。 http://www.kitanotenmangu.or.jp/
お問い合わせは075-461-0005まで

【二条城 大政奉還150周年記念展示 ~大広間一の間・二の間の障壁画~】 二条城

午前9時から午後4時45分(入館受付は午後4時30分まで)

【期 間】 9月14日から11月12日 【連絡先】 075-841-0096
【関連サイト・詳細】

【平岡八幡宮例祭】 平岡八幡宮

京都市の無形民族文化財に指定された三役相撲(さんやくずもう)と鉾(ほこ)さしの妙技が披露されます。祭典は、午前8時30分から、鉾さしは午前10時から、続いて大神輿発御(おおみこしはつぎょ)があります。毎年変更されますので必ずご確認下さい。

【期 間】 10月8日 【連絡先】 075-871-2084
【関連サイト・詳細】

【寿会】 上七軒歌舞練場

唄と舞の寿会は、上七軒歌舞練場で10月8日から12日まで開催されます。上方唄や長唄など、伝統ある名曲が上七軒の舞妓や芸子のきれいどころによって披露されます。
お問い合わせは075-461-0148まで

【期 間】 10月8日から10月12日 【連絡先】 461-0148
【関連サイト・詳細】

【壬生狂言】 壬生寺

壬生狂言は正しくは「壬生大念佛狂言」と言い、「壬生さんのカンデンデン」という愛称と共に、古来から京の庶民大衆に親しまれてきました。3日間にわたり、午後1時から5番ずつ上演されます。
※日程は10月の第2土・日・月です。毎年変更されますので必ずご確認下さい。 http://www.mibudera.com/
お問い合わせは075-841-3381まで

【期 間】 10月7日から10月9日迄 【連絡先】 075-841-3381
【関連サイト・詳細】

【春日祭】 春日神社

春日神社の春日祭は、病気平癒、交渉成就(こうしょうじょうじゅ)、氏子(うじこ)の安穏を(あんそく)を祈り、古代より氏神祭として伝えられています。
神輿発御祭(みこしはつぎょさい)は 午前10時。行列神輿発御(ぎょうれつみこしはつぎょ)は午後12時30分からです。
※毎年10月の第2土曜日と日曜日です。毎年変更されますので必ずご確認下さい。 http://kasuga.or.jp/
お問い合わせは075-312-0474まで

【期 間】 10月7日・10月8日 【連絡先】 075-312-0474
【関連サイト・詳細】

【講員大祭】 伏見稲荷大社

稲荷大社のご神徳を広く宣揚し、また大社の事業を翼賛する信仰団体である講務本庁の講員が、ご神恩に奉賽するとともに、家内安全・生業繁栄を祈願するお祭で、全国の講員が参拝、境内では盛りだくさんの神賑行事が繰り広げられます。
第一日(体育の日の前々日および前日)、第二日とも午後1時 からです。http://inari.jp/
※毎年日程は変更になります。毎年変更されますので必ずご確認下さい。

【期 間】 10月7日・10月8日 【連絡先】 075-641-7331
【関連サイト・詳細】

【秋季金比羅例祭】 安井金比羅宮

秋の金比羅大祭は例祭(れいさい)ともいい、安井金比羅宮のお祭りの中で最も重要なお祭りです。子供みこしと宝船の花車、獅子舞(ししまい)が氏子町を巡行して、ワッショイワッショイと威勢良く練り歩きます。金比羅大祭は全国一斉にこの日に行われます。
※日程は毎年変更されますので必ずご確認下さい。 http://www.yasui-konpiragu.or.jp/
お問い合わせは075-561-5127まで

【期 間】 10月1日~10日 【連絡先】 075-561-5127
【関連サイト・詳細】

【粟田神社大祭】 粟田神社

剣鉾(つるぎほこ)は祇園祭の山鉾の最初の形ともいわれています。剣鉾差(つるぎほこさ)しは十六世紀後半から続く伝統神事で、重さ五十キロ、長さ七メートルの剣鉾を腰と手で支え、神社周辺を練り歩きます。剣鉾巡行(つるぎほこじゅんこう)やみこしが出る神幸祭(しんこうさい)は12時頃から。これに先立ち、前日午後五時半から、剣鉾を台車に載せ巡行する「夜渡り行列」があります。
※日程は10月の第2日曜と月曜日です。毎年変更されます。必ずご確認下さい。 http://www.awatajinja.jp//
お問い合わせは075-551-3154まで

【期 間】 10月8日~10日・10月15日 【連絡先】 075-551-3154
【関連サイト・詳細】

【八瀬赦免地踊】 秋元神社

江戸時代、比叡山との土地争いが生じた時、老中、秋元但馬守(あきのもとたじまのかみ)によって守られ、秋元神社が建てられ、祭はつづいてきました。深夜、鎮守(ちんじゅ)の杜(もり)の霊気(れいき)したたる中で女の子たちの舞(まい)の奉納(ほうのう)などがあり、人々のつどいは夜(よる)、一夜(ひとよ)つづきます。
赦免地踊は午後7時から行なわれます。
※毎年10月の第2日曜日です。毎年変更されますので必ずご確認下さい。http://shamenchi.net//
お問い合わせは電話075-791-8755まで

【期 間】 10月8日 【連絡先】 075-791-8755
【関連サイト・詳細】

【六孫王神社例祭】 六孫王神社

徳川五代将軍綱吉が、清和源氏系(せいわげんじけい)の各大名と華美を尽くして再建しました。その折、荘厳な儀式を行ないましたが、六孫王神社ではその儀式が例祭として今日まで伝えられています。
例祭は午前10時から神輿巡行は午後1時から4時すぎまでです。
お問い合わせは075-691-0310まで

【期 間】 10月10日 【連絡先】 075-691-0310
【関連サイト・詳細】

【人形供養祭】 宝鏡寺

宝鏡寺では、境内の人形塚に花・茶を供え、その後本堂で歌と踊りで供養します。
供養祭は午前10時30分からです。当日の人形受付は午前10時からです。 http://www.hokyoji.net/
お問い合わせは075-451-1550まで

【期 間】 10月14日 【連絡先】 075-451-1550
【関連サイト・詳細】

【新日吉神宮例大祭】 新日吉神宮

新日吉神宮(いまひえじんぐう)の例大祭は、妙法院門跡奉仕(みょうほういんもんせきほうし)による神仏合体(しんぶつがったい)の祭礼(れいさい)として知られています。
祭典は午前10時30分頃からです。神樂(かぐら)の奉納が行なわれます。
お問い合わせは075-561-3769まで

【期 間】 10月16日 【連絡先】 075-561-3769
【関連サイト・詳細】

【日向大神宮例祭】 日向大神宮

日向大神宮は(ひむかいだいじんぐう)京都最古の神社の一つといわれ、内宮、外宮も奉斎(ほうさい)しています。
外宮祭 内宮祭とも午後2時から行なわれます。 http://www12.plala.or.jp/himukai/
お問い合わせは075-761-6639まで

【期 間】 10月16日・10月17日 【連絡先】 075-761-6639
【関連サイト・詳細】

【船岡大祭】 建勲神社

正しくは建勲神社(たけいさおじんじゃ)と呼びますが、近くの人々からは「けんくんさん」と親しまれています。ここで行われる「船岡大祭」は、織田信長公の上洛(じょうらく)を祝う祭です。神事は午前11時から。
お問い合わせは075-451-0170まで

【期 間】 10月19日 【連絡先】 075-451-0170
【関連サイト・詳細】

【二十日ゑびす】 恵美須神社

江戸時代の初期、京の商人が江戸で商いをし、10月20日に京に帰り、恵美須神社祀ったのが始まりといわれています。
宵えびす祭は19日午後8時から、えびす講大祭は20日午後2時から、のこり福は21日午後8時からです。 http://www.kyoto-ebisu.jp/
お問い合わせは075-525-0005まで

【期 間】 10月19日から10月20日迄 【連絡先】 075-525-0005
【関連サイト・詳細】

【城南宮 神幸祭】 城南宮

方除(ほうよけ)の神で広く知られています。江戸時代には、祭りに訪れた人々に貴重な餅を惜しげ無く振舞う慣わしがあり、別名の「餅祭り」は季語にもなっています。
神幸祭は午前9時から、3基の神輿が午後12時頃から順に町内を練り歩きます。
※毎年10月の第3日曜日です。毎年変更されますので必ずご確認下さい。 http://www.jonangu.com/
お問い合わせは075-623-0846まで

【期 間】 10月16日 【連絡先】 075-623-0846
【関連サイト・詳細】

【二十五菩薩お練り供養】 即成院

即成院のお寺の本堂を浄土、地蔵堂を現世に見立て、両堂の間に設けられた高さ2m、長さ50mの夢の掛け橋を25菩薩(ぼさつ)が練り歩きます。法要は午後1時からです。
※毎年10月第3日曜日です。毎年変更されますので必ずご確認下さい。 http://www.negaigamatoe.com/amidanyorai.html
お問い合わせは075-561-3443まで

【期 間】 10月16日 【連絡先】 075-561-3443
【関連サイト・詳細】

【時代祭】 平安神宮

明治28年、平安遷都1100年を記念してはじめられたもので、平安時代から明治までの時代風俗を再現します。午前8時に平安神宮で神幸祭が行なわれ、神幸の御鳳輦(ごほうれん)が9時に出発し、京都御所にいたり、10時30分に御苑建礼門前で行在所を執行後、正午に時代行列と合して建礼門前を出発します。
。 http://www.heianjingu.or.jp/ お問い合わせは075-761-0221まで

【期 間】 10月22日 【連絡先】 075-761-0221
【関連サイト・詳細】

【鞍馬の火祭】 由岐神社

鞍馬の火祭は、京都御所により鞍馬の地に御遷宮(ごせんぐう)の様子を火祭(ひまつり)として後世に伝えられた由岐神社の神事です。
神事は午後6時から行われ、松明の点火は午後6時30分から行なわれます。開催日、車は午後3時から通行止めになりますのでご注意ください。 http://www.yukijinjya.jp/
お問い合わせは075-741-1670由岐神社まで

【期 間】 10月22日 【連絡先】 075-741-1670
【関連サイト・詳細】

【お稲荷さんの抜穂祭】 伏見稲荷大社

本殿左手奥にある神田(しんでん)に育った稲を刈り取る祭事です。
祭典は午前11時からです。 http://inari.jp/
お問い合わせは075-641-7331まで

【期 間】 10月25日 【連絡先】 075-641-7331
【関連サイト・詳細】

      
      
※祭事・行事・イベントの掲載希望を受け付けております。お気軽にご相談ください。
※但し、営利目的の私的なイベント等は掲載をお断りしております。予めご了承ください。

タウンナビ京都 トップ

サイトの利用条件プライバシーポリシー免責事項リンクについて

制作・運営 株式会社アド・コム 【http://www.ad-com.co.jp

Copyright (C) 2013 AD-COM co.,ltd. All Rights Reserved. 『タウンナビ京都』は登録商標です。