京の歳時記

「京都八百八寺」といわれ、京都には2000を越える神社仏閣があるといわれ、ほぼ毎日のように、京都の町のどこかでお祭りがあります。
京都に訪れる日の行事・お祭などの予定を検索することができます。

年度・主催者の都合等により、内容・期間等が変更される可能性がございます。

05月のカレンダー

<<
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
>>

05月の祭事・行事

【神泉苑祭】 神泉苑

壬生狂言から分かれたもので、約30番ある曲目の内から毎日数番が上演されます。
お問い合わせは075-821-1466まで

【期 間】 5月2日~4日 【連絡先】 075-821-1466
【関連サイト・詳細】

【千本ゑんま堂狂言】 千本ゑんま堂

壬生、嵯峨の大念仏狂言と並び、京都の三大狂言の一つです。大部分が有声の狂言です。
1日2日は午後7時から、3日は午後3時と6時から、4日は午後1時と6時から行なわれます。
お問い合わせは075-462-3332まで

【期 間】 5月1日~4日 【連絡先】 075-462-3332
【関連サイト・詳細】

【鴨川をどり】 先斗町歌舞練場

先斗町の舞妓芸妓(まいこげいこ)による美しく楽しい華舞台(はなぶたい)です。
先斗町歌舞練場公演は24日までで、午後12時30分、2時20分、4時10分よりの3回公演です
お問い合わせは075-221-2025まで

【期 間】 5月1日~24日 【連絡先】 075-221-2025
【関連サイト・詳細】

【鴨川納涼床】 鴨涯保勝会

京の夏の宵を彩(いろどる)納涼床は二条通りから五条通り迄の鴨川西岸に張り出されます。納涼床は料理屋を中心に約70軒あまりが床を並べます。5月1日から9月30日まで続けられます。
お問い合わせは075-343-6655まで

【期 間】 5月1日~9月30日 【連絡先】 075-343-6655
【関連サイト・詳細】

【流鏑馬神事】 下鴨神社

下鴨神社の流鏑馬神事は、馬を馳(は)せながら鏑(かぶらや)を射ることから流鏑馬(やぶさめ)といいます。
葵祭(あおいまつり)の前儀(ぜんぎ)としてよく知られており、神事は午後1時から3時30分です。
http://www.shimogamo-jinja.or.jp/index.shtml
お問い合わせは075-781-0010まで

【期 間】 5月3日 【連絡先】 075-781-0010
【関連サイト・詳細】

【稲荷・還幸祭】 伏見稲荷大社

還幸祭は伏見お稲荷さんの神幸祭の日から5月3日まで、稲荷の御旅所に駐輩していた神輿を迎える祭事です。
神輿は午後2時に御旅所をでて、4時ごろ本社に還幸します。
http://inari.jp
お問い合わせは075-641-7331まで

【期 間】 5月3日 【連絡先】 075-641-7331
【関連サイト・詳細】

【大原野神社の献茶祭】 大原野神社

大原野神社は、長岡京遷都の際に藤原氏が氏神社(うじがみやしろ)として春日大社の分霊を祀ったとされています。
薮内流(やぶうちりゅう)の家元宗匠(いえもとそうしょう)が神前に献茶します。
http://oharano-jinja.jp/
お問い合わせは075-331-0014まで

【期 間】 5月3日 【連絡先】 075-331-0014
【関連サイト・詳細】

【五月満月祭】 鞍馬寺

毎年5月の満月の宵に鞍馬寺で行なわれます。鞍馬山に祀られている尊天大魔王に、人類の幸福を祈願するお祭です。
祭典は午後7時から、第2部は午後10時、第3部はあくるひの午前3時から行なわれます。
※日程は毎年5月の満月の宵に行なわれ、年により開催日が変わります。ご注意ください。
お問い合わせは075-741-2003鞍馬寺まで

【期 間】 5月29日 【連絡先】 075-741-2003
【関連サイト・詳細】

【斎王代・禊の儀】 上賀茂神社

葵祭に奉仕する斎王代以下、女人行列に参加する人のみそぎの儀が上賀茂神社で行われます。
かつて斎王代は、宮中、未婚の内親王が選ばれていました。現在は、京都市内の未婚の女性が選ばれ、祭りに花を添えています。
お問い合わせは075-781-0010まで

【期 間】 5月4日 【連絡先】 075-781-0011
【関連サイト・詳細】

【地主祭】 地主神社

地主神社は桜の名所で、毎年地主桜を御所へ献納(けんのう)した歴史があります。
神幸祭巡行は午後1時から白川女(しらかわめ)、稚児武者列等(ちごむしゃれつなど)約100名の行列が氏子町内を一巡します。例大祭は午後2時半頃からです。
http://www.jishujinja.or.jp
お問い合わせは電話075-541-2097まで

【期 間】 5月5日 【連絡先】 075-541-2097
【関連サイト・詳細】

【藤森祭】 藤森神社

3基の神輿、武者行列が藤森神社の氏子町内を巡行し、境内では馬上妙技が披露されます。
神輿巡行、武者行列は午後9時から6時、駈馬神事は午後1時と3時、神楽奉納(かぐらほうのう)は午後6時から9時です。
お問い合わせは075-641-1045まで

【期 間】 5月1日~5日 【連絡先】 075-641-1045
【関連サイト・詳細】

【端午節句大護摩供】 赤山禅院

赤山禅院の「赤山明神」は朔日(さくび・ついたち)より30日迄の日々を守護(しゅご)する三十番神の中で、
五日の日を司(つかさど)り、この日は子供と詣(もう)でます。この日に行われる祭事が「端午節句・大護摩供」(だいごまく)です。大護摩供は午前9時から。法要は午後3時から修学寺本堂で行なわれます。
お問い合わせは075-701-5181まで

【期 間】 5月5日 【連絡先】 075-701-5181
【関連サイト・詳細】

【競馬会神事】 上賀茂神社

上賀茂神社の競馬会神事は、平安時代にはじまったとされています。
2頭の馬が古式に従って2組に分かれ、2頭ずつ、装束をまとった騎手により競われる競馬です。20メートルほどの短い距離を駆け抜ける早さを競うもので、無形文化財に指定されています。
]http://www.kamigamojinja.jp/
お問い合わせは075-781-0011まで

【期 間】 5月5日 【連絡先】 075-781-0011
【関連サイト・詳細】

【山蔭社例祭】 吉田神社

吉田神社境内にある料理の神様「山陰社」の例祭です。
神前の広場で古式ゆかしい生間流包丁が奉納されます。
お問い合わせは075-771-3788まで

【期 間】 5月8日 【連絡先】 075-771-3788
【関連サイト・詳細】

【今宮祭】 今宮神社

今宮神社の今宮祭(いまみやさい)は神輿の拝殿あげおろしが最大の見ものです。
剣鉾(つるぎほこ)8本を担ぎ、棒や台車に載せて氏子区域を巡行します。神輿の拝殿おろしは、午前11時から。御旅所拝殿あげは、午後4時頃です。
※実施日は毎年変わりますのでご注意下さい。
お問い合わせは075-491-0082まで

【期 間】 5月5日 【連絡先】 075-491-0082
【関連サイト・詳細】

【新日吉祭】 新日吉(いまひえ)神社

神仏混淆(しんぶつこんこう)のめずらしい行事で、毎年5月の第2日曜日に行われています。
 鳳輦(ほうれん)を中心に稚児武者などの行列が新日吉(いまひえ)神社の氏子域を巡行します。鳳輦(ほうれん)は神輿に似ていますが、勇ましく担ぐと言うよりはしずしずと引かれるのが特徴です。
お問い合わせは075-561-3769まで

【期 間】 5月13日 【連絡先】 075-561-3769
【関連サイト・詳細】

【春季金比羅大祭】 安井金比羅宮

安井金比羅宮の境内祭場に護摩段を設けて、氏子崇敬者の願いを書いた護摩木を焚き上げます。
午後1時から行なわれます。
http://www.yasui-konpiragu.or.jp。
お問い合わせは電話075-561-5127まで

【期 間】 5月10日 【連絡先】 075-561-5127
【関連サイト・詳細】

【御蔭祭】 下鴨神社

5月15日に催される下鴨神社の葵祭の前儀として行われる重要な神事です。古い神幸列の形態を知る貴重な神事です。
比叡山麓にある御蔭神社から神霊を迎える神事で供奉者はすべて葵祭り同様、葵の葉をつけます。
お問い合わせは075-781-0010まで

【期 間】 5月12日 【連絡先】 075-781-0010
【関連サイト・詳細】

【市比売祭】 市比売神社

市比売神社祭りの呼び物は、商売繁昌、招福を願っての斉失神事(さいやしんじ)です。
お問い合わせは075-361-2775市比売神社まで

【期 間】 5月13日 【連絡先】 075-361-2775
【関連サイト・詳細】

【十三まいり】 法輪寺

数え年13歳になった男女が、法輪寺に福徳・智恵を授かるため参詣する京都独特の風習の行事です。
お問い合わせは075-861-0069まで

【期 間】 5月13日 【連絡先】 075-861-0069
【関連サイト・詳細】

【葵祭】 京都市観光協会

もともとは賀茂氏(かもうじ)の祭りです。現在の上賀茂神社(かみがもじんじゃ)と下鴨神社(しもがもじんじゃ)という賀茂氏(かもうじ)の神社で、五穀豊穣を祈願する祭りが、平安遷都を境に、国家的なお祭りになりました。
さわやかな新緑のころ、藤の花で飾られた牛車(ぎっしゃ)や、輿(こし)に乗った斎王代(さいおうだい)を中心にした行列が、御所を出て下鴨神社から上賀茂神社まで行列します。
平安の昔をそのままに展開してくれる京都三大祭の一つで、雨天順延で開催されます。
お問い合わせは075-752-0227(京都市観光協会)まで

【期 間】 5月15日 【連絡先】 075-752-0227
【関連サイト・詳細】

【大原女まつり】 大原一帯

大原女まつりが4月28日から13日まで京都市左京区の大原地域一体で行われます。4月29日午後1時より大原女時代行列が勝林院から寂光院まで練り歩きます

【期 間】 4/28~5/13日 【連絡先】 075-744-2148
【関連サイト・詳細】

【三船祭】 車折神社

三船祭は、今から、1100年前、宇多上皇(うたのじょうこう)が大堰川に御幸の際、舟遊びをされたことに始まります。
神幸祭は車折神社で正午から、行列は午後1時から、舟遊びは午後2時頃から4時頃まで、嵐山渡月橋付近です。
※毎年5月の第三日曜日に開催され、開催日は変更になります。ご注意ください。。
お問い合わせは075-861-0039まで

【期 間】 5月20日 【連絡先】 075-861-0039
【関連サイト・詳細】

【嵯峨祭】 愛宕神社・野宮神社

愛宕、野宮両神社の祭礼です。20日は神幸祭(おいで)。清凉寺前の御旅所に神輿が並びます。27日には神輿、剣鉾、稚児行列が、御旅所を午前10:00に出発し、嵯峨一帯を巡行します。お昼には、大覚寺に5基の剣鉾が並びます。そして、嵯峨祭りの見どころは午後2:30から3:00頃、渡月橋から長辻通りを通りお旅所まで、歴史絵巻は見ごたえがあります。

【期 間】 5月20日・27日 【連絡先】 075-881-1187
【関連サイト・詳細】

【下御霊祭】 下御霊神社

下御霊神社の神前に据えられる大宮神輿は京都でも最大級のものといわれています。
下御霊祭は19日20日両日の開催です。
お問い合わせは075-231-3530まで

【期 間】 5月19日・20日 【連絡先】 075-231-3530
【関連サイト・詳細】

【御霊祭】 上御霊神社

上御霊神社の御霊祭は、貞観5年の御霊会が起源で、祭礼として都で最古のものといわれています。
宵宮祭は17日、御霊祭は18日に行われます。
お問い合わせは075-441-2260まで

【期 間】 5月18日 【連絡先】 075-441-2260
【関連サイト・詳細】

【降誕会】 西本願寺

西本願寺宗祖親鸞聖人(しゅうそ、しんらんしょうにん)の生誕を祝う慶祝行事です。
能、狂言が南能舞台で12時30分頃から16時30分まで演ぜられます。 
http://www.hongwanji.or.jp
お問い合わせは075-371-5181まで

【期 間】 5月20日・21日 【連絡先】 075-371-5181
【関連サイト・詳細】

【丈山忌】 詩仙堂

詩仙堂(しせんどう)は詩人石川丈山(いしかわじょうざん)の山荘跡です。
命日の5月23日に法要が営まれ、忌明けの3日間25から27日まで、丈山遺愛の品々が公開されます。
お問い合わせは075-781-2954まで

【期 間】 5月23日 【連絡先】 075-781-2954
【関連サイト・詳細】

【業平忌】 十輪寺

在原業平朝臣(ありはらなりひらあさおみ)はこの地に住み、塩を焼いて風流をたしなんだといわれています。十輪寺での法要は正午から行なわれます。
お問い合わせは075-331-0154まで

【期 間】 5月28日 【連絡先】 075-331-0154
【関連サイト・詳細】

      
      
※祭事・行事・イベントの掲載希望を受け付けております。お気軽にご相談ください。
※但し、営利目的の私的なイベント等は掲載をお断りしております。予めご了承ください。

タウンナビ京都 トップ

サイトの利用条件プライバシーポリシー免責事項リンクについて

制作・運営 株式会社アド・コム 【http://www.ad-com.co.jp

Copyright (C) 2013 AD-COM co.,ltd. All Rights Reserved. 『タウンナビ京都』は登録商標です。